玉泉寺 縁起 





曹洞宗瑞龍山玉泉寺は、天正以前は真言宗の草庵であったのを、
天正の初め(1580年代)開山一嶺俊栄和尚の来錫によって曹洞宗に改宗され、
現在に及ぶこと26世400年の歴史を有する古刹であります

嘉永元年(1848年)3月当山20世翠岩眉毛和尚の代に現在の本堂が落成しております。

嘉永7年3月日米和親条約の締結により、下田が開港され
同年5月付録下田条約が結ばれると、玉泉寺は米人の休息所、埋葬所に指定されました。

その2年後、安政3年(1856年)タウンゼント・ハリス総領事は、通訳官ヒュースケンを伴い、
米艦サンジャシント号で下田に着任しました。

ハリスは玉泉寺を日本最初の米国総領事館として開設。
庭前に星条旗が掲揚され、
以来2年10ヶ月、この玉泉寺は幕末開国の歴史の中心舞台となりました。

又、それ以前、日露和親条約の交渉の場となり、
ロシア、ディアナ号高官の滞在や、ドイツ商人ルドルフの約半年に及ぶ滞在等々、
開国の歴史を彩る貴重な寺歴があります。

尚、境内には、
黒船(ペリー艦隊)の乗員5名の墓地と
ディアナ号乗員3名、アスコルド号乗員1名の墓地があります。

TOP縁起領事館MAP歴史ガイドHARRIS | ハリスの功績 |ハリス記念館お吉物語書籍案内悠久の丘LINK

































*

inserted by FC2 system